Entries

2009.07.15 ぎょうざ天国

ぎょうざ天国さんは立川にあるお店です。立川駅の南口(繁華街のあるほう)から(たぶん)東京方面に少し歩いた場所で、線路に近いところにあります。立川市ビルというよりマンションのような建物の入り口に看板が出ています。看板入り口は本当にマンションのドアのようです。夜なので看板の明りが写って、周りが暗くなってしまいました。入り口うーん、看板だけの画像はちょっと寂しいかも。この日は総勢9名で繰り出しました。名...

2009.07.12 鷲ひら

蕎麦 鷲ひらさんは、JR横浜線・相模原駅の近くにあります。相模原駅南口から西門方向へ行くと、左側に八千代銀行さんのビルがあります。反対の右側の路地を入ったすぐの場所になります。鷲ひら札あぶり鴨せいろをいただきます。あぶり鴨せいろ今回はクローズアップ付きで紹介してみます。そば鴨こちらは、活〆あなごの天せいろの具のアップです。活〆あなごの天せいろ蕎麦専門店だけに、安くはありませんが、しっかりした美味し...

2009.06.27 高幡不動の紫陽花

6/20に続いて、今週も紫陽花見学です。今回は東京多摩地区の日野市にある高幡不動に行ってきました。今回のルートは、JR横浜線・橋本駅からに京王相模原線に乗り換えて多摩センターまで行き、さらに多摩都市モノレールに乗り換えるルートです。橋本駅から京王相模原線に乗ります。橋本駅にて多摩センターというと感覚的に遠いイメージがあったんですが、橋本から電車に乗ってしまえばさほどでもなかったです。京王多摩センタ...

2009.06.27 高幡不動

高幡不動は通称で、正式には高幡山明王院金剛寺という真言宗の寺院です。東京都日野市に位置し、京王線と多摩都市モノレールの高幡不動駅の近くにあります。平安時代の初めに清和天皇の勅願により、裏の高幡山に不動堂を建立したのが始まりとされます。(もっと古く奈良時代の創建との古文書もあるそうです)江戸時代には栄えていましたが、1800年代の後半に大火に遭い主要な伽藍を焼失しました。その後、徐々に復興されてきま...

2009.06.27 多摩都市モノレール

多摩都市モノレールは、第3セクターである多摩都市モノレール株式会社が運行する路線です。東京の多摩地区を南北に結ぶ公共交通機関が無かったことから計画されました。現在運行されている区間は多摩センター駅(東京都多摩市)と上北台駅(東京都東大和市)の間です。多摩センターからさらに延長も計画されているようですが、具体的な動きはまだ無いようです。多摩センター駅は、京王線と小田急線の多摩センター駅が隣接している...

2009.06.27 京王相模原線

京王電鉄・相模原線はJR横浜線・橋本駅と京王本線の調布駅の間を結びます。元々は東京都心と多摩ニュータウン地区を結ぶ鉄道路線として計画され、最終的には橋本まで延長されました。計画では、津久井の相模中野まで延長する予定で、昔の京王線の路線図や自動販売機の絵図にも計画線として掲載されていました。結局は実現せず、橋本が終着となっています。京王線の橋本駅が開業したのは1990年(平成2年)のことです。JR相...

2009.07.11 くしはな

チョコチョコとお世話になっている定食屋・多にさんが閉まっていたので、くしはなさんで夕食をいただくことにします。くしはな基本飲み屋さんなので、夜は当然つまみ中心のメニューだろうと思うのですが、定食類も出してくれています。当然最初にお飲み物の注文は?と問われるのですが・・・・・三色海鮮丼を注文します。(笑)三色海鮮丼さらに本日入荷あり・・・の平塚産生シラスをお願いします。生しらす生しらすには、しょうが...

2009.07.11 鉄道写真七人会 写真展

JR横浜線・相模原駅の駅ビルに相模原市民ギャラリーという展示施設があります。相模原市民ギャラリー:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/library_etc/gallery/005644.htmlたまたま通りがかった時に写真展のポスターを見つけました。鉄道写真七人会さん主催の写真展です。正面から撮影すると、表面のガラスに僕の姿が反射してしまうため、少し斜めから撮影しました。ちょっと画像も斜めですね。(笑)鉄道写真七...

2009.07.11 樹里

樹里はJR横浜線の相模原駅から、さがみ夢大通りを国道16号線方面に直進した方向にあります。左側にダイエーがある辺りから、右側に入ったあたりにあります。JR横浜線・相模原駅:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E9%A7%85樹里この三角屋根の建物は、昔は良く目立っていたものです。入り口ログハウス風かと思いきや、レンガ造りだったりします。店内は天井が高くて空間が広く感じます。レトロな店...

2009.07.11 西門・さかくら

西門といえば、昭和なテイストが定番です。-西門会-西門商店街-相模原市:http://www.snsagami.org/syoutengai/nishimon/index.html今日のランチに立ち寄った、さかくらさんもそんなお店のひとつです。さかくらいちおう麺処となってはいますが、雰囲気は大衆食堂です。定食を頼むと、空の小鉢が出てきます。小鉢というより、取り皿といったほうが適当なサイズかもしれません。この皿に、自分で好きに取り分けて持って食べることが...

2009.06.20 箱根

大雄山に行った後、時間があったので箱根へ行くことにします。小田原から小田急線に乗り箱根湯本まで向かいます。赤い色の各駅停車です。赤い小田急箱根まで行く予定ではなかったので何も調べていませんでした。記憶をもとに携帯サイトをチェックして紫陽花が見れそうな場所を探します。結局阿弥陀寺に行ってみることにします。箱根湯本で、箱根登山線に乗り換えます。たまたま先頭の座席に座れたので、しばし電車でGOの気分にな...

2009.06.20 箱根登山線

箱根登山線は、小田原と強羅を結ぶ山岳路線です。特に箱根湯本から強羅方面には急勾配や急カーブが続きます。途中数度のスイッチバックを経てトータル500メートルほどの勾配を登ります。箱根湯本駅にて小田原~箱根湯本の間は小田急線の電車が乗り入れます。ただ、箱根登山線は標準軌、小田急線は狭軌とレールの幅が異なっています。このため小田原~箱根湯本は3本のレールが敷かれていました。現在では、小田原~箱根湯本は小...

2009.06.20 箱根・阿弥陀寺

阿弥陀寺は、箱根登山線の塔ノ沢駅から山道をしばらく登った、塔ノ峰の中腹にあります。幕末を生きた皇女和宮が箱根の塔ノ沢で亡くなった時、このお寺で密葬が行われ、位牌も祀られています。もともと廃寺となっていた曹洞宗の寺院があった場所に、1604年弾誓上人(たんせいしょうにん)によって、浄土宗のお寺として再建されました。塔ノ沢駅から、山の斜面を登っていきます。阿弥陀寺にたどり着くためには、ハイキングコース...

2009.06.28 西門商店街・グリーンバザール

西門に買い物がてら、食事をしに行きました。-西門会-西門商店街-相模原市:http://www.snsagami.org/syoutengai/nishimon/index.html西門アーケードまずは腹ごしらえです。アーケードのすぐそばのお多福さんです。お多福お好み焼きをいただきました。食事が済んだところで、買い物開始です。丸将青果さんや、魚房さんで食材を調達した後、マルヤさんでおやつの和菓子を調達します。マルヤこの日の西門アーケードではイベントがあ...

2009.06.28 西門グリーンバザール・マルヤ

マルヤさんは、西門商店街にある和菓子屋さんです。-西門会-西門商店街-相模原市:http://www.snsagami.org/syoutengai/nishimon/index.html西門市場(グリーンバザール)の一角にあり、良く食料品の調達に行っているエリアです。お刺身を調達させていただいている魚房さんや、野菜を調達させていただいている丸将青果さんのすぐ近くです。マルヤいつの頃か、食料品調達と一緒に、おやつの和菓子も調達させていただくようになりま...

2009.06.28 西門・お多福 

お多福さんで、お好み焼きをいただきました。お多福お多福さんは、西門商店街にあります。-西門会-西門商店街-相模原市:http://www.snsagami.org/syoutengai/nishimon/index.html西門市場(グリーンバザール)のアーケードの近くにあります。店内は、昭和テイストたっぷりな懐かしい感じのするお店です。お多福店内鳥玉と豚玉を注文しました。鳥玉トッピングに焼きそばをお願いしてあります。豚玉トッピングにコーンをお願いして...

2009.06.22 夜霧の相模原

駅の改札を出て、驚きました。見慣れた街の景色が白くかすんでいるのです。このあたりで景色が霞むほど霧が出るのは珍しいことです。普段見慣れている景色でも、気候の関係で何かひとつ違う装いをすると、全く違った表情を見せてくれることがあります。夜霧の相模原の画像を連続でお届けします。夜霧の相模原いまだにNOVAの看板があるのはご愛嬌ですね。(笑)<ブログランキング>ポチッとな!でお願いします。にほんブログ村...

2009.06.20 双葉

双葉さんは町田にあるうなぎ屋さんです。小田急百貨店町田店の9階にあります。5月に行った国宝 阿修羅展の帰りに寄った、新宿の双葉さんののれん分けだそうです。ウリは、岡山産の天然うなぎで、シャコを食べて育ったうなぎということで、天然しゃこうなぎと命名しているようです。天然しゃこうなぎうな丼を食しました。値段を考えて・・・・普通のうなぎさんです。(笑)うな丼値段は安くはありませんが・・・・久しぶりに贅沢...

2009.06.20 大雄山

続けて紫陽花を見に行きます。色々調べてみた結果、大雄山最乗寺を目指す事にします。小田原方面なので、例によって町田から小田急ロマンスカーに乗ることにします。小田急ロマンスカーこれまた例によって、町田駅の売店で朝食を仕入れて車内でいただきます。朝食お弁当もパンも美味しいのですが、量がやや少なめですね。座席が先頭車両の3番目だったので、思いがけず楽しい移動となりました。やはり先頭車両は展望がよろしいので...

2009.06.20 林檎のあくび

林檎のあくび・・・という変わった名前が気になって入ってみました。看板ここは、伊豆箱根鉄道・大雄山線の大雄山駅の近くです。大雄山駅はるばる来たぜ、大雄山・・・大雄山駅周辺は市街地で、神奈川県南足柄市の中心部です。食事処が入っているビルの一角にあります。金太郎横丁というそうです。言うまでも無く、足柄山の金太郎にちなんだ名前でしょうね。南足柄市:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E8%B6%B3%E6%9F%84%E...

2009.06.20 大雄山最乗寺

大雄山最乗寺は曹洞宗の寺院で、1394年に創建されました。開山は了庵慧明(りょうあんえみょう)禅師です。ある日、禅師の袈裟を1羽の大鷲が掴んで空を舞い、足柄の山中の大松の枝にかけるという珍事がありました。これに啓示を受けて、この地に寺院を建立し、大雄山最乗寺と号しました。伊豆箱根鉄道の大雄山線の終点・大雄山駅からバスで行ったところにあります。山道を登ったところにあるのですが、伽藍の中心部近くまで車...

2009.06.20 大雄山線

大雄山線(だいゆうざんせん)は西武系の伊豆箱根鉄道が運営する鉄道です。小田原(神奈川県小田原市)と大雄山(神奈川県南足柄市を結びます。大雄山線の名前の由来になっているのは、大雄山最乗寺という寺院です。大正14年(1925年)に、大雄山最乗寺の参詣客の利便を図るために開通しました。大企業の社名をもろに使った駅名があるように、沿線には工場や学校などがあり宅地化が進んでいます。なので基本的には通勤・通学...

2009.06.20 小田急ロマンスカー

大雄山に紫陽花を見に行くために、小田急電鉄の特急ロマンスカーに乗ることにします。特急ロマンスカー:http://www.odakyu.jp/romancecar/line_up/index.htmlパソコンからインターネットでロマンスカー@クラブにアクセスします。座席予約をしたところ、先頭展望車の前から3列目が空いている事が解りました。多少は先頭座席の気分を味わえるだろうと期待します。ロマンスカー@クラブのご案内:http://www.odakyu.jp/romancecar/...

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる