Entries

2009.01.10~寝台特急の旅 1

前から解っていたことではあるが、いよいよ寝台特急はやぶさ・富士の廃止が正式に報道された。
カレンダーを見ると、廃止までに1回だけ3連休がある。
この機会に富士とはやぶさに乗っておこうと思い立った。

動きが遅く、すでに3週間前のことである。
ネットで調べる限り、まだ空きが少し残っているようである。
行程としては、東京から富士で大分まで行き、九州横断特急で熊本に移動し、最後にはやぶさで東京に戻るというルートを想定した。
もよりの駅の窓口で聞いてみると、この時点で富士の空席は1、はやぶさで2であった。
どんな席でも構わないからということで、即購入する。
これで、0泊3日、車内2泊の旅が確定した。

東京駅で写真も撮りたいので少し余裕を持って出発する。
東京駅に到着すると、まず夜食とお茶類を購入する。
昨今の寝台特急には食堂車も無いし、翌朝まで車内販売も無いのである。

列車案内の電光掲示板にはもう富士とはやぶさが表示されている。
交互に表示されるのが面白い。

案内・富士
案内富士20090110

案内・はやぶさ
案内はやぶさ20090110


僕にはネットの知り合い以外にも鉄ちゃんの知人が居る。
リアルなので、ここではKさんとしておこう。
Kさんとは、時々鉄道の情報を交換している。
以前に北斗星で北海道へ行ったとき、道内の特急との接続についてアドバイスしてくれたのがKさんだった。
そのKさんが、自分も寝台特急を見送りたいので・・・・という事で、この日東京駅に来る事になっている。
ホームをウロウロしていたら、すぐにKさんの姿を見つける。

先頭の機関車はこのホームからの撮影は無理だったので、最後尾の撮影だけを行った。

富士・最後尾
富士20090110

さて、そろそろ乗り込みます。

行き先案内
大分行き20090110

車両は7号車である。

7号車
7号車20090110

じゃぁ、気をつけていってらっしゃい・・・・Kさんが見送ってくれる。

寝台特急富士は、大分県内の日豊本線内で、JR九州の特急ソニックに追い越される。
最高速度130Kmを誇る最新の振り子特急にブルートレインは太刀打ちできない。
Kさんはダイヤグラム解析から、杵築で運転停車して追い越しされると予想していた。
結果の検証をよろしくと依頼される。
お安い御用である。

B寝台車の車内に乗り込む。いよいよである。

B寝台車内
富士B寝台車20090110

今回の席は、B寝台の下段である。

B寝台下段
富士下段20090110

とりあえず荷物を置いて、上着を脱ぐ。
すぐに撮影の準備にかかる。
今回は、メインのデジカメとサブのチビデジの他に動画撮影用に1世代前のチビデジを用意した。
バッテリーの持ちが心配な一番古い電池は持たず、ひとつ新しい電池を買い足しておいた。
出発直後のアナウンスを録音するのに、デジカメの動画モードを使うのである。
寝台側の窓側のはしごの下にチビデジを設置し、出発前から撮影(録音)を開始する。
ところが、撮影開始直後あっさりと電源が落ちてしまった。
あわてて電池を交換し目的は達したものの、今回買い足した新品電池以外は役に立たない事が判明する。
とりあえず発車寸前に電池を交換し撮影を再開することができた。
動き出した・・・と同時に窓の外のKさんに手を振る。
発車直前にドタバタしたが、いよいよ出発である。

7号車ははやぶさ・富士12両編成のなかで、富士の先頭車両にあたる。
車両は14系、つまり分散電源タイプであり、客車に電力を供給する発電設備は先頭車両と最終車両の床下にある。
僕は14系の先頭車両には初めて乗ったが、思ったほどうるさくは感じなかった。

通路側にある椅子を下ろして座る。
窓の外を流れる夜の景色をボーと眺める。
闇の中、流れていく東京の夜景を見送る。
横浜まではすぐである。

車内を適当にウロついてみる。
富士の先頭である7号車と、はやぶさの最後尾である6号車の連結部分に行ってみる。

富士
富士マーク20090110

はやぶさ
はやぶさマーク20090110

反対に8号車側のデッキに向かう。
トイレ、洗面台、それから飲料水の設備がある。

洗面台
富士洗面所20090110

飲料水
富士飲料水20090110

寝台特急ができた時代にはペットボトルなんて無かったはずだし、飲み物はビンだったんだろうと思う。
自動販売機だって無かっただろうし、長旅の寝台列車には飲料水は必須だったのかもしれない。
懐かしの紙製の小さな封筒のような形をした簡易コップに水を注いで飲んでみる。

適当にB個室やA個室の車両を見てまわり、席に戻る。
隣りの席の人はあまり席に居る様子も無い、連れがB個室のキーを持っていたから、そちらに行ったままかと思われる。
この隙にと再び寝台を撮影する。

上段
富士上段20090110

はしご
富士はしご20090110

ひとつ隣の席には若い男性のひとり旅のようで、やはり通路側にある椅子に座っている。
彼は時々タバコを吸う。
そう、残った1席というのは実は喫煙車だったのである。
まぁ、煙が気になる訳では無い。

先はまだまだ長いので、ほどほどで寝ることにする。
カーテンを引いて寝る準備もできあがる。

寝床
富士下段カーテン20090110

通常、寝台特急の車内は、冬であれば暑いくらいに空調が良く効いているものだと思っていたが、少し寒いくらいに感じた。
明日に備えて眠りにつく。
ひとしきり眠り、目が醒めると時間は5時くらいだった。
トイレに行き、手を洗っていると、隣りのひとり旅くんとバッタリ遭遇する。
なんだか寒くないですか?と聞かれたので、確かに寒いねと答える。
彼は寒くて目を醒まし、いま車掌に行って話してきたところだったそうだ。
デッキから戻り、再び通路側の椅子に座る。
外はまだほの暗い。
ひとり旅くんと言葉を交わす。かなりの鉄道好きのようだった。
話をするのは楽しいのであるが、周囲はまだ寝ているのでホドホドにしておく。

やがて夜が明けてくる。
進行方向左側に瀬戸内海であろうか、海が見える。
夜明け前の薄暗い瀬戸内海沿いを列車はひた走る。

夜明け前
瀬戸内夜明け20090111

やがて夜が明ける。

夜明け
日の出20090111

綺麗な夜明けである。
列車は山口県内を走っている。
明るくなってきてから、先頭に行ってみる。
富士・はやぶさを牽引するのはEF66 48である。

機関車
EF6620090111

下関で機関車の交換があるため、先頭車でこのまま待機することにする。
ほかにも数人の鉄道ファンが集まってきている。
やがて下関に到着する。
東海道・山陽と列車を牽引してくれたEF66はここでお役ご免となり、代わりに関門トンネル専用の機関車が門司までの1区間を走り、門司からは交流電気のED76の登場となるはずである。
取り急ぎ、先頭の撮影のためホームに出る。

下関駅にて
富士はやぶさ20090111

東京駅では見れなかったはやぶさ・富士の先頭とご対面である。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/12-31c12eff

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる