Entries

2009.12.31 唐招提寺 金堂

唐招提寺の南大門をくぐり金堂(こんどう)を拝観します。

金堂とは、ご本尊を安置する寺院の中心的なお堂のことで、一般的には本堂といいます。
平安時代頃までの古代寺院では金堂と呼び、鎌倉時代以降に日本に伝わった禅宗の寺院では仏殿(ぶつでん)と呼びます。

仏教伝来の頃は、寺院の中心は金堂では無く、塔であったと考えられています。
塔は仏舎利(お釈迦さまの遺骨)を祀ったのが起源です。
寺院の伽藍(がらん・寺院の主要な建物)配置にはいくつかの形式があります。
比較的古い時代の形式である四天王寺式伽藍配置は、主要部分の門を入ると塔・金堂・講堂が一直線に配置されています。
これは、塔が最も重要視された配置と解釈されます。
飛鳥寺の伽藍配置に至っては、塔の東西南方向に3つの金堂が配置されています。

時代が下るにつれて、寺院の中心は塔から金堂に移ります。
法隆寺式伽藍配置では、主要部分には、金堂と塔が横に並んで配置され、後方に講堂がある配置になります。
さらに薬師寺式になると、金堂の前面の左右に1基ずつ2つの塔が配置されています。
塔のポジションが、寺院の中心から装飾的な位置付けへと変移していったと解釈されます。

唐招提寺 金堂 その1
唐招提寺金堂1-20091231

現存する金堂のなかでも、奈良時代に金堂として建立されたものとしては唯一のものです。
創建当時の東大寺金堂(大仏殿)や興福寺の金堂もさぞ素晴らしかったことと思います。
でも時の流れのなかで、その姿を留める事はできませんでした。

後世の修理が入っているとはいえ、現存唯一としての価値は揺るがないものと思います。

唐招提寺 金堂 その2
唐招提寺金堂2-20091231

斜め前から見た金堂の姿です。
唐招提寺の金堂は、正面から参道の奥にある姿がお馴染みで、このような角度から拝する事は珍しいかもしれません。
金堂のご本尊は盧舎那仏(るしゃなぶつ)で、東大寺の大仏さまと同じ仏さまです。
この角度から見る金堂は重厚な印象がありますね。

唐招提寺 金堂 その3
唐招提寺金堂3-20091231

金堂を真横から拝します。
画像では左側が南大門方向になります。

前回唐招提寺を訪れたのは、2000年(平成12年)だったかと思います。
ちょうど金堂の平成大修理が始まっていて、覆い屋根に遮られ金堂は拝観できなくなっていました。
2009年(平成21年)11月1日に落慶、11月4日から堂内諸像の拝観もできるようになりました。

唐招提寺 金堂 その4
唐招提寺金堂4-20091231

金堂の屋根です。
後世の修理により、屋根の高さは創建当時より2メートル程高くなっているそうです。
今回の解体修理で判明したこととして、創建当時の木材の状態は良く、かなり多く残っているそうです。

屋根の両側には鴟尾(しび)が取り付けられています。
簡単に言うなら、近世の城の天守閣の鯱の古い親類で、装飾であるのと同時に火除けのおまじないという意味もあるそうです。
西側の鴟尾は、創建当初の物が残っていました。
傷みがひどいので、今回の大修理を機に平成の鴟尾に取り替えられました。
元々の鴟尾は別途大切に保管されるそうです。

金堂の後ろには、講堂があります。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/192-a1649f93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる