Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/201-fc5a2195

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2009.12.31 薬師寺

「凍れる音楽」と称せられた東塔で有名な薬師寺は西ノ京にあるお寺です。
今回は近くの唐招提寺金堂が目当てでしたが、当然薬師寺にも足を伸ばします。
方向的に、薬師寺の中心伽藍の正面ではなく、後ろ(北側)から薬師寺境内へと足を運びます。

薬師寺といえば、やはり東塔ですが・・・・
解体修理に先だつ調査のため、姿を見ることができませんでした。

薬師寺 東塔
薬師寺東塔20091231

修理が始まってしまうと当分姿を見ることができなくなります。
この覆いは平城遷都1300年祭にあわせて、いま一度外されるそうです。
薬師寺東塔を見るなら本格的な修理が始まる秋頃までに行っておいたほうが良いかもしれません。

薬師寺に残っている創建当時の建物は、この東塔だけです。
当初の伽藍は、金堂の前面(南向き)に左右対になった塔2基が配置された壮麗なものでした。
(薬師寺式伽藍配置といいます。)
古代寺院の多くは何らかの災厄に見舞われていますが、薬師寺も大きな災厄で伽藍を失っています。

平安時代の973年には失火から伽藍の大半を失う火災に遭っています。
この時に残ったのが金堂、東塔、西塔です。
焼失した伽藍は、その後復興されますが、1445年の大風で南大門とともに金堂も倒壊しています。
仮金堂が建てられましたが、この時点で、創建当時の建物は東塔、西塔です。

1528年、大和国を支配していた筒井順興が放った火は薬師寺の主要伽藍を焼き尽くします。
東塔が残ったのは奇跡といっても良いでしょう。
その後江戸時代に建てられた仮金堂、仮講堂などが現代に続いた薬師寺の姿です。

薬師寺 金堂 その1
薬師寺金堂1-20091231

側面から見た金堂の姿です。
20世紀後半から薬師寺では、主要伽藍の復興事業に取り組んでいます。
まず金堂が1976年(昭和51年)に再建されました。
最後の宮大工と称された故・西岡常一棟梁が、この金堂を始めとする伽藍再建を手がけています。

薬師寺 金堂 その2
薬師寺金堂2-20091231

かつての薬師寺の境内にはもっと緑があったと記憶しています。
現在では良く整備され、広々とした空間を感じることができます。

薬師寺 西塔 その1
薬師寺西塔1-20091231

1981年(昭和56年)に東塔の調査結果に基づき再建された西塔です。
後世の修理が入っている東塔よりも軽快な印象の建物です。

薬師寺 西塔 その2
薬師寺西塔2-20091231

ちょっと逆光ぎみですが、この角度からが西塔の姿が良く解ると思います。

薬師寺 中門
薬師寺中門20091231

1984年(昭和59年)に再建された中門です。
左側の塔が西塔で、中門の左右には回廊が伸びています。

薬師寺 回廊
薬師寺回廊20091231

回廊は伽藍中心部を囲むように延びていきます。
中門の正面に金堂、金堂の前面の左右(東西)に、それぞれ東塔と西塔が配置されています。

中門から金堂を望む
中門から金堂を望む20091231

薬師寺式伽藍配置では、寺院の中心は金堂で、塔は装飾のような位置付けです。

薬師寺 大講堂
薬師寺講堂20091231

金堂の後ろにあるのが講堂です。
2003年(平成15年)に再建されました。
講堂が再建されたことで、薬師寺の主要伽藍の再建は概ね完成したと言って良いでしょう。

僕は、薬師寺の伽藍復興事業を肯定的に受け止めていました。
学術調査に基づき、宮大工の手による昔ながらの木造建築での再建です。
歴史的建造物ではありませんが、完成したら凄いものになると思っていました。
いわゆる名物管長の言動は、客寄せのパフォーマンスのように見えたかもしれません。
それでも、壮大な目標を達成するための手段と捉えるなら、何も否定するものでは無いと思います。

再建なった講堂と、整備され広々とした境内を見たとき、正直ちょっと違和感を感じました。
たしかに創建当時の薬師寺はこんな姿をしていたのでしょうが・・・
何かが違う気がしたのです。
たとえ粗末な仮堂でも、年代的にそう古くなくても、現代に引き継がれたままの古寺の姿のほうが良かったのではないか?
ふと、そんな気がしました。

賛否両論あるかと思いますが、僕自身は意外な感想でもあります。
出発前は薬師寺に行く事も、唐招提寺金堂と同じくらい楽しみにしていましたから・・・・

薬師寺 東院堂 その1
薬師寺東院堂1-20091231

東院堂は回廊の外側、境内の東寄りにあるお堂です。
鎌倉時代の1285年に建てられたものです。
主要伽藍の外にあって、比較的地味な存在ですが、国宝建築なのであります。

薬師寺 東院堂 その2
薬師寺東院堂2-20091231

こちらは南側からの画像です。
僕は、このお堂が、京都銀閣寺の東求堂のイメージと重なることがあります。
どちらもけっこう好きなお堂だったりもします。

この日の寺社巡りはこのくらいにして、そろそろ京都へ戻ることにします。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/201-fc5a2195

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。