Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/213-ae9cc638

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010.01.01 三井寺

三井寺に行きます。

京阪電鉄三井寺駅から、琵琶湖疎水に沿って歩くこと数分で仁王門にたどり着く事ができます。

三井寺の名前の起源は、境内にある泉「霊泉」にあります。
霊泉の霊水が天智天皇から3人ほどの天皇の産湯に用いられました。
この事から、この「霊泉は「御井」(みい)と呼ばれ、御井の寺から三井寺と通称されるようになったそうです。
正式には、長等山園城寺(ながらさん おんじょうじ)と言います。

三井寺金堂
三井寺金堂1-20100101

西暦672年に古代日本最大の内乱である壬申の乱が起こります。
天智天皇崩御の後に、弟の大海人皇子と、子の大友皇子との間に起こった戦いです。
結果として、天智天皇の後継者である大友皇子が敗れ、本来反乱した側である大海人皇子が即位して天武天皇となります。

若くして没した大友皇子の菩提を弔うため、子の大友与多王により建立されたというのが寺の起源とされています。
この時、大友皇子の敵方であった天武天皇は寺院の建立を許可すると同時に、園城寺の名を与えます。
「園城」とは、田園城邑を投げ打つ、つまり田畑(土地)や屋敷などの私財を投げ打って寺院を建立しようとする志に由来するそうです。

平安時代になると、唐への留学僧であった円珍により天台宗の寺院として整備されます。
以後は幅広い階級に帰依され、僧兵を抱えた強大な寺院勢力、いわゆる南都北嶺のひとつとして繁栄します。
10世紀末以降、天台宗は比叡山延暦寺を中心とする「山門」と三井寺を中心とする「寺門」の2つの勢力に分裂し対立します。
対立抗争は激化し、比叡山の宗徒によって何度も焼き討ちされるという事態となります。

桃山時代になると、三井寺は豊臣秀吉によって寺領を没収されてしまいます。
寺の中心である金堂もよそに移転され、ほとんど廃寺に近い状態に追い込まれます。
最晩年になってから、秀吉は三井寺の再興を許可し、これを受けて寺観が整えられます。

観音堂の裏山より
三井寺観音堂より20100101

現在の三井寺は、この時期以降に整備されたものなので、創建当時の遺物はほとんど残っていません。
琵琶湖南西の山の中腹に伽藍が並び、寺の梵鐘(釣り鐘)は近江八景のひとつ「三井の晩鐘」として知られています。
西国三十三箇所観音霊場の札所(観音堂)でもあります。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/213-ae9cc638

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。