Entries

2010.02.20 永平寺

えちぜん鉄道永平寺口駅からタクシーに乗り、永平寺へと向かいます。

永平寺入り口付近
永平寺入り口付近20100220

画像の右側方向が永平寺の境内です。
道路が左へ曲がっていて、その先が門前です。
けっこうが積もっていて、土産物屋の方が雪かきをしていました。

永平寺境内にて
永平寺境内にて20100220

境内に入り、参道の途中にある木の様子です。
枝にがビッシリです。
タクシーの運転手さんに説明いただいてましたが、日が昇り数時間もすると解けるのでしょうね。
ちなみに、永平寺に着いたのは9:00くらいのことです。

雪の永平寺
雪の永平寺20100220

この画像では解りにくいと思いますが、木の枝から雪がサラサラと落ちてきます。

境内に入ってから参道をまっすぐ進むと、左側に建物と通用門があります。
通用門から建物の中に入ります。
拝観料を払い、靴を脱いで奥へと進みます。
やがて広間のような部屋に誘導されるのですが、ここで僧侶による境内の説明があります。

非常にユニークなのは、写真撮影に寛容なことです。
参拝できる範囲においては基本的に撮影は自由です。
一部ストロボを使わないよう言われている場所があるものの、仏像でさえ撮影可となっています。

一般に、寺院の撮影はお堂など建物の外観までは可能です。
信仰の対象である仏像については撮影禁止というケースが多いと思います。
禅宗は自力本願(修行によって自ら悟りを開くという教義)でありますが、仏像の撮影が可能というのは異例に感じますね。

その代わりというか、僧侶の姿は撮影禁止になっています。
説明の後に、一部の観光客が一緒に記念写真を撮ってもらえないかと頼んでいましたが、断られていました。

永平寺は、本山らしく七堂伽藍が整備された寺院です。
年代的にあまり古い建築は無いのですが、堂々たる仏堂が立ち並んだ姿を想像していました。

余談になりますが、僕は歴史のあるところが好きであります。
神社仏閣には早くから興味がありました。
それでいて写真も好きなのであります。
では、神社仏閣に詣でて何を撮影するのかと言いますと、建物が対象となるのです。
仏像については、そもそも撮影は許されないと理解しているので、被写体としては興味が湧きません。

そして再び、永平寺の話です。
永平寺は諸堂が整備されていますし、各堂は回廊でつながれています。
禅宗寺院の中心伽藍である山門・仏殿・法堂・僧堂なども回廊伝いに廻る事ができます。
ところが思わぬ事で問題がありました。
拝観中は、お堂や回廊を自由に移動できるのですが、建物の外に出ることが禁止されているのです。
堂内は拝観できるものの、外に出て建物の外観を撮影する事が全くできないのであります。

この事態に一気にテンションが下がります。
奥の法堂まで行ってみましたが、撮影できるポイントが無い・・・と判断するまで20分くらいだったでしょうか。

速やかに撤収!を決断します。

いちど決断してしまうと行動は早く、素早く通用門まで戻ります。

唐門
永平寺唐門20100220

通用門から、境内の奥の山門方向への門です。

祠堂殿
永平寺祠堂殿20100220

唐門を正面に見て、左前方の光景です。
祠堂殿そものは新しく、昭和の始めに建てられたものです。

境内を出て、門前の方へと向かいます。
ちょうどタクシーが停車していたので、乗り込む事にします。
こんな早い時間に引き返す客に疑問を感じたのか、運転手さんもそれとなく聞いてきます。
事情をいろいろ話つつ進む道すがら、運転手さんが尋ねてきます。
「お客さん、好きなのはお寺だけですか?お城には興味ありませんか?」
実は福井駅に向かうよりちょっと遠い場所に、小さいながらがあるという話なのです。
すぐさま運転手さんの提案を受け入れる事にします。

という事で、福井駅へ戻る途中でしたが、お城を目指して進路変更となります。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/235-0ebb0df2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる