Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/236-30709835

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010.02.20 丸岡城

永平寺から乗ったタクシーの運転手さんの提案で、丸岡城へ向かう事にします。
地元出身とおっしゃる運転手さんは、僕より少し年上に見えました。

駅から離れていて、なおかつ、他に見る所も無いので、本当に丸岡城だけを見に行くようになる事。
個人的には好きな場所で何度も行っている事などなど、実に色々な事を話してくれます。
バス乗り場に立ち寄ってくれて、バスの時刻を確認してくれたうえで、城のある場所まで行っていただきました。

なかなか親切で感じの良い運転手さんでした。
個人的な印象として、たぶんこの運転手さんは故郷であるこの街が好きなのだと思います。
観光客に親切に案内してくれるのも、故郷の良いところを見ていって欲しい・・・という気持ちの表れかもしれません。

さて、丸岡城です。

丸岡城 天守閣 その1
丸岡城天守閣1-20100220

城郭の天守閣としては小さな建物です。
屋根の上の鯱が、何やら主張をしているかのようで、なんとなく可愛い感じの天守です。

丸岡城 天守閣 その2
丸岡城天守閣2-20100220

鯱の位置からみて、1枚目の画像のほうが正面のように思いますが、入り口への石段はこちら側にあります。

丸岡城は、1576年に柴田勝家の甥である柴田勝豊が築城したそうです。
柴田勝家は北ノ庄城(現在の福井)を拠点として越前を領有しましたが、豊臣秀吉によって滅ぼされます。
ここ丸岡の城は、本拠・北ノ庄城を守る支城だった訳です。
その後の丸岡城は、2万石~5万石ほどの城主が交代で領有しています。
江戸時代以降は、丸岡藩5万石の城として明治維新まで存続します。


丸岡城 天守閣 その3
丸岡城天守閣3-20100220

明治時代になると、城は無用の長物と見なされ、軍の管轄となった一部の城を除き取り壊されます。
丸岡城も天守閣以外の建物は取り壊されています。
明治は大変革の時代であり、新しい世の中を作るため、古い時代の文物を否定し、破壊した時代でもあります。
欧米列強によって植民地化される危機のなか、近代化を進める事は急務であり、やむを得ない面もあります。
時代が下り、古い時代の文物の価値が見直された時、その多くは失われ、あるいは、ひどく傷ついた状態でした。

実用的な意味での必要性が失われている城を、別の目的で再建する事は珍しく無く、全国に再建天守は沢山あります。
現代においては、価値観は多様化したのかもしれませんが、本当に価値のあるものは何か・・・
という事を、いま一度考えてみるのも良いかもしれません。

さて、次はに天守閣登ります。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/236-30709835

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。