Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/244-710eb804

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2010.02.20 金沢城 復元建築群

金沢城は、石川県により、金沢城址公園として復元整備事業が進められています。
2001年(平成13年)に、橋爪門続櫓、五十間長屋、菱櫓などが完成しました。

金沢城 復元建築群
金沢城・五十間長屋と二の丸広場20100220

二の丸広場側から望んだ復元建築群です。
左端の櫓が菱櫓、右端に見える屋根が橋爪門続櫓、この2つの櫓を繋ぐような細長い建物が五十間長屋です。
現存遺構の三十間長屋よりも規模が大きいですね。

この復元建築は木造で、しかも歴史的考証もしっかりされたもののようです。
昭和の時代の鉄筋コンクリート再建天守などとは異なり、平成のレプリカはとても良くできています。

金沢城 橋爪門続櫓側から
金沢城・五十間長屋と橋爪門続櫓2010022020100220

長年の風雪に耐えて現存している歴史的建造物の価値は何か?
という事を考えた際に、昔作られた物を体感できることというのがあるかもしれません。
では、きちんとした考証のもとで、復元された建造物でも同じ事が可能でしょうか?
実は、ある程度までできてしまうのではないかという気がします。

金沢城 橋爪門続櫓
金沢城・橋爪門続櫓2010022020100220

もちろん、現存している本物の価値は絶対的かと思います。
ただ、歴史にさほど興味の無い観光客の目に、本物とレプリカの違いはおそらく無いのではないかと思うのです。
文化財の存在意味への認識が、次第に曖昧になっていかなければ良いのですが・・・
という観点から、金沢城遺構の歴史的建造物とは、扱いを分けておきました。

金沢城 菱櫓
金沢城・菱櫓20100220

ちょっと斜めかな・・・(笑)

金沢城 菱櫓
金沢城・五十間長屋と内堀20100220

宝暦の大火後、江戸時代の後期に再建された金沢城は、明治維新後の取り壊しを免れました。
ただ、1881年(明治14年)の大火で、ほとんどの建物が焼失しています。
原因は、兵舎での失火、つまり火の不始末によるものだそうです。

金沢の街は太平洋戦争で、米軍機の空襲に遭っていないそうです。
当時残っていた東海道や山陽道の名だたる名城の多くは、B29の空襲により失われました。

歴史に「もし」はありませんが、近代に入ってからの、たった一度の失火が無かったら・・・
とても素晴らしいものを見ることができたのかもしれません。

再び石川門をくぐり、兼六園へと向かいます。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/244-710eb804

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。