Entries

2010.07.31 はやぶさ

6/13に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが公開されました。
公開2日目の7/31に見学に行ってきました。

 「こんなにきれい。これが現実」 はやぶさカプセル、帰還後初公開 - ITmedia News:
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/30/news033.html

JAXA相模原キャンパスの特別公開でもありました。
こちらでは「はやぶさ」の実物大模型が展示されるので、寄ってみる事にします。

 ISAS | 見学情報 / JAXA相模原キャンパス特別公開のお知らせ:
 http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2010/0730_open/pamph.shtml

会場までは、JR横浜線・淵野辺駅からシャトルバス(神奈中のバスですが)を使いました。
バスを降りた場所は、JAXA相模原キャンパスの正門付近です。

正門
宇宙研20100731

宇宙研(宇宙科学研究所)という呼び方のほうが馴染みなんですけどね。(笑)

この右側あたりが、カプセル展示の列の最後尾となっていました。
カプセルが展示されている相模原市立博物館まで、長い列が続いています。
とりあえず、特別公開のほうに先に行く事にします。

はやぶさの模型
はやぶさ1-20100731
http://photozou.jp/photo/photo_only/278614/44580796

午前中に用事を済ませてきた関係で、全部を見る時間はありません。
はやぶさの模型が展示されている第1会場を目指します。
こちらもそれなりに混んでいて、なかなか列が進みませんでした。
基本立ち止まらず、ゆっくり歩いて見学します。
係りの方が、イオンエンジンの様子など説明してくれます。
上の画像は、展示スペースを抜けて、2階から撮影してみました。

第1会場を出て、いったん会場の外に出ます。
カプセル展示の列に並びます。
来た時よりはだいぶ進んでいましたが、まだまだ長い列です。

行列
行列20100731

歩道から、博物館の敷地に入っても、こんな感じです。
この行列は真直ぐなのではありません。
ディズニーランドなどでも見かけますが、クネクネと何度かターンする感じの列です。
最終的には画像右側のテントのあたりから、右側に進むと入り口になります。

結局1時間半くらいかかったでしょうか、ようやく博物館の建物内へと入ります。

案内板
特別展示20100731

カプセル展示では、展示室内が撮影禁止となっています。
そのためか、この案内板の前で記念写真を撮っていく人たちも居ました。

展示室入口
展示室入口20100731

内部は撮影禁止なので、入口付近をパチリと。
このように列をなして、カプセルの収納されたガラスケースの周囲を1周して終わりです。
1時間半並んで、見学は1~2分程度でしょうか?(笑)

それでも十分見る価値があると思います。
なんせ本物ですから。
まぁ、カプセルというより、お鍋といった印象ではありました。(笑)

常設展示も少し見学して、博物館を後にします。

相模原市立博物館
相模原市立博物館20100731
http://photozou.jp/photo/photo_only/278614/44581051

  相模原市立博物館トップページ:http://www.remus.dti.ne.jp/~sagami/index.htm

博物館のトイレが故障していたのと、近くに手頃なお店なども見当たらないので、相模原キャンパスに戻ります。
時間的には公開終了時刻間際でしたが、第1会場の「はやぶさ」の模型をもう一度見学する事ができました。

はやぶさの模型 その2
はやぶさ2-20100731
http://photozou.jp/photo/photo_only/278614/44580907


今回は、見学者の列も無く、1階から姿を見る事ができました。

日本の小惑星探査機「はやぶさ」地球帰還は、2010年前半を賑わせてくれた1大イベントであったと思います。
正直、ここまで人気が出るとは想像してはいませんでした。
何億キロも彼方の小天体を目指して打ち上げられ、サンプル採集し地球へ持ち帰る。
はやぶさのミッションには夢がありましたね。

「おかえりなさい はやぶさ」・・・そんな声も聞かれます。
ただ、「はやぶさ」の帰還は、悲しい帰還でもあります。
再突入用カプセルを地球まで届けた「はやぶさ」の本体は大気圏突入により燃え尽きます。
数々のトラブルを乗り越え、カプセルを届けるために長い旅をしてきた「はやぶさ」。
機械でありながら、何か人格のようなものを感じるのは、その任務ゆえでしょうか?

何気なく声をかけた案内係さんに、そんな事を言ってみたところ。
サケが卵を産むためだけに、生まれ故郷の川へ戻るようなものですね・・・とおっしゃっていました。
宇宙の事が専門でしょうに・・・・と思いつつ、魚のたとえ話が妙に印象に残ったのでありました。

 ISAS|宇宙科学研究所:http://www.isas.jaxa.jp/j/index.shtml

 ISAS | JAXA相模原キャンパス特別公開「宇宙のナゾを見つけに行こう!」 / イベント:
 http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2010/0730_open/index.shtml

 ISAS | 「はやぶさ」カプセル展示 / イベント:
 http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2010/0730_capsule.shtml#0730_open



<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/279-db8a0ce3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる