Entries

2010.12.05 鎌倉・東慶寺の紅葉

鎌倉・東慶寺は、「縁切り寺」「駆け込み寺」として有名なお寺です。
円覚寺と同様、北鎌倉にあります。

鎌倉時代、執権・北条時宗夫人である覚山尼(かくさんに)を開山とします。
有名な「縁切り寺法」は覚山尼が定めたとされます。

明治時代まで、離婚を請求する権利は男性にしかありませんでした。
離縁したい女性が、東慶寺で3年修行すれば離縁が認められるというのが縁切り寺法です。

中世において、寺院は特権階級でもあり、治外法権的な力を持つところもありました。
住職が地位の高い一族の出身者である場合、寺の実権もかなりのものになり得ます。

覚山尼も時の為政者の実母でしたが、代々の住職には身分の高い家柄の子女が多かったようです。
第20世住職の天秀尼は豊臣秀頼の娘であり、形式的には徳川家康の曾孫にあたります。
豊臣家滅亡という事情から、出家して東慶寺に入る事になります。

天秀尼は、徳川家康から望みを尋ねられた際に、開山以来の縁切り寺法が絶える事が無いように願い出ます。
江戸時代を通して、東慶寺が縁切り寺法と格式を維持できたのは、家康のお墨付きでもあるのです。

明治時代からは縁切り寺法は廃止され、男性の住職の住する寺となりました。
残念ながら古い建築なども残っていないのですが、江戸時代に再建された仏殿は横浜の三渓園に移建され現存しています。

東慶寺の紅葉 1
東慶寺の紅葉1-20101205
http://photozou.jp/photo/show/278614/60219458

仏殿前あたりの紅葉です。
ちょうど見頃くらいでした。

東慶寺の紅葉 2
東慶寺の紅葉2-20101205
http://photozou.jp/photo/show/278614/60219835

枝の感じもなかなかです。

東慶寺の紅葉 3
東慶寺の紅葉3-20101205
http://photozou.jp/photo/show/278614/60220308

手のひらのようで可愛いですね。

東慶寺の石仏
東慶寺の石仏20101205
http://photozou.jp/photo/show/278614/60220511

境内で見つけた仏さまです。
名も無き石仏さまでありますが・・・・この微笑に惹かれ、お姿をカメラに収めさせて頂きました。
日々心穏やかに・・・そのように申されておるかのように感じます。

東慶寺を出て、建長寺へと向かいます。
途中で見かけたお店でおせんべいをかじります。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王


ブログセンター
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/290-f053898d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる