Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/35-fe1e5d2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2009.04.11 横須賀・護衛艦ひゅうが

海上自衛隊の護衛艦ひゅうがを見に横須賀まで行きました。

護衛艦ひゅうが一般公開

ひゅうがは2009年3月18日に完成したばかりの最新鋭鑑です。
ヘリコプター搭載護衛艦と呼んでいますが、外観はまんまヘリ空母です。
初の空母型護衛艦であるとともに、海上自衛隊では最大の護衛艦となります。

ひゅうが (護衛艦) - Wikipedia
ひゅうが型護衛艦 - Wikipedia
護衛艦「ひゅうが」型(16DDH)

ということで2週連続で横須賀線に乗ることに。

横須賀線・横浜駅
横須賀線20090411

起床が少し遅かったので、横須賀到着は12:00をちょっと過ぎていました。

横須賀駅
横須賀駅20090411

車内で弁当を食しているので、このまま自衛隊の基地に向かうことに。

JR横須賀駅は改札を出て左側がすぐ海に面しています。
海岸沿いは公園になっていますが、この位置から、ひゅうがの姿を見ることができます。

ヴェルニー公園から
ひゅうが01-20090411

ここから、横浜方面に道なりに進むと、海上自衛隊横須賀地方総監部の入り口があります。
昨年の空母ジョージ・ワシントン見学の時ほど混雑していないようです。
手荷物検査もスムーズに通過し岸壁に向かうと、再び護衛艦ひゅうがが見えてきます。

ひゅうが1
ひゅうが02-20090411

少しずつ角度を変えて撮ってみます。

ひゅうが2
ひゅうが03-20090411

岸壁に乗艦待ちの列が見えます。

ひゅうが3
ひゅうが04-20090411

ちょうど艦首のあたりから列に並びます。

ひゅうが4
ひゅうが05-20090411

天候は快晴、カンカン照りの夏日です。
この場所で結構順番待ちをすることになりました。
案内係の自衛官の方が、ハンドマイク片手に簡単なひゅうがの説明をしてくれました。
説明が終わると小さくパチパチと拍手です。
せっかくサービスしてくれたのだから、もっと大きく拍手してあげても良いかもしれません。

ひゅうが舷側1
ひゅうが舷側1-20090411

列の先頭のところで、人の流れを調整している様子です。
乗艦口がだんだんと近づいてきます。

乗艦口
ひゅうが乗艦口20090411

ちょうど僕たちの番になった時、誘導の仕方が変わりました。
上の画像の乗艦口ではなく、もう少し先の乗艦口に案内されました。

乗艦口2
ひゅうが乗艦口2-20090411

この中からエレベーター乗って飛行甲板へ上がるとの説明がありました。
後から聞いた話では、当初エレベーターは使っていなかったのですが、急遽途中から使う事にしたそうです。
ちょうどそのタイミングだったのだと思われます。

艦内に入ると、すぐに格納庫でした。

格納庫
ひゅうが格納庫1-20090411

想像していたよりも広い格納庫です。

規模は違いますが参考までに空母ジョージ・ワシントンの格納庫の画像はこちらです。

ちょうどエレベーターが上がって行くところです。
今日稼動しているエレベーターは艦首よりのひとつだけで、第一エレベーターだそうです。

第一エレベーター
ひゅうが格納庫第一エレベーター上-20090411

米空母のエレベーターは艦の側面にある舷側エレベーターですが、ひゅうがのエレベーターは艦の中心線よりに設置されています。

いよいよエレベーター上に移動します。
ぽっかり開いた天井には右舷にあるブリッジが見えています。

第一エレベーター上
ひゅうが格納庫第一エレベーター上2-20090411

エレベーターが動き出し飛行甲板に上がります。
艦首から艦尾まで全通式の飛行甲板は広いです。
アングルドデッキでこそありませんが、まさに空母の甲板ですね。

艦首方向
ひゅうが甲板艦首方向20090411

艦首のほうに進み、ブリッジのほうを振り返ってみます。

ブリッジ方向
ひゅうが甲板ブリッジ方向20090411

太平洋戦争中の日本の空母は比較的ブリッジが小さい印象がありますが、ひゅうがのブリッジ構造物はけっこう大きく感じました。

ブリッジ構造物
ひゅうが甲板ブリッジ20090411

ブリッジの上にマストが立っています。

マスト
ひゅうが甲板マスト20090411

飛行甲板はそれなりに高さがあります。
周囲の景色を見下ろす構図で良い眺めです。
少し離れた場所に潜水艦が停泊しています。

潜水艦
ひゅうが甲板潜水艦を望む20090411

遠くには米空母ジョージ・ワシントンの姿も垣間見えます。

米空母ジョージ・ワシントン
ひゅうが甲板米空母を望む20090411

今度は艦尾方向に向かってみます。
ブリッジの後部はこんな感じです。

ブリッジ構造物後部
ひゅうが甲板ブリッジ後部20090411

ブリッジ構造物の少し後方に第二エレベーターがあります。
この日は上げたままの状態で昇降はせず、エレベーター上にヘリコプターが載せたままになっています。

第二エレベーターとヘリコプター
ひゅうが甲板第二エレベーター20090411

ひゅうがが接岸している岸壁の向こう側には砕氷艦しらせの姿が見える。

しらせ
ひゅうが甲板しらせを望む20090411

南極観測で有名なフネであるが、実は海上自衛隊所属の自衛艦である。

ひゅうがが接岸している岸壁は鉄道の島型ホームのような形状で、向こう側にも護衛艦が接岸しています。
飛行甲板の高さが解ると思います。

舷側
ひゅうが甲板舷側20090411

飛行甲板には弾薬などを搬出するのでしょうか、小さなエレベーターのようなものもあります。

飛行甲板にて
ひゅうが甲板にて20090411

再び艦首よりに移動します。
だいぶ時間が経過して公開時間も残り少なくなりました。
さっき乗って上がってきた第一エレベーターが、今度は下りる見学者を運んでいます。
順番待ちの長い行列ができていました。

動画(フラッシュ・パソコン用)

第一エレベーターの開口部
ひゅうが甲板第一エレベーター20090411

動画(フラッシュ・パソコン用)

米空母ジョージ・ワシントンの舷側エレベーターは一度でピタリと定位置に止まっていました。
かたや、護衛艦ひゅうがのエレベーターは一度定位置より少し上まで上がり、そこから少し下がって停止します。
微調整しているみたいで面白いです。

青空に向かってすくっと立つブリッジがカッコ良いですね。

ブリッジ
ひゅうが甲板ブリッジアップ20090411

飛行甲板上でも自衛官の方が案内係を勤めています。

飛行甲板にて
ひゅうが甲板にて2-20090411

第一エレベーター
ひゅうが甲板第一エレベーターと艦首方向20090411

下りのエレベーターも混雑してきます。

下り
ひゅうが甲板第一エレベーター下20090411

でもかなりの人数が乗れるので、一気にはけてしまいます。

僕もエレベーターに乗って、再び格納庫の中へと戻ります。

動画(フラッシュ・パソコン用)

下から
ひゅうが第一エレベーター下20090411

ちなみにエレベーターの下の構造はこうなっています。

第一エレベーターの下部
ひゅうが格納庫第一エレベーター下部20090411

段差があるのはエレベーターが運行中だからです。
床が低く下がっているところを少しアップして、周囲の床と同じ高さにすることも可能です。

格納庫の中では記念グッズなどを販売しているコーナーもあります。

グッズ販売
ひゅうが格納庫グッズ販売20090411

そこでちょっと買い物をしました。

記念グッズ
ひゅうがグッズ20090411

第一エレベーターは相変わらず見学者を降ろしています。

動画(フラッシュ・パソコン用)

第一エレベーター
ひゅうが格納庫第一エレベーター下20090411

米空母ジョージ・ワシントンを見学した時と比べると、ひゅうがのエレベーターは少しゆっくりのように感じました。

格納庫の中にはまだまだ見学者が居ます。

広い格納庫
ひゅうが格納庫3-20090411

こちらは稼動していない第二エレベーターです。

第二エレベーター
ひゅうが格納庫第二エレベーター20090411

エレベーターは飛行甲板の位置で止まって屋根のようになっています。
エレベーターの下部は周りの床と同じ高さになっていますので、エレベーター部分と、その奥とが連続した格納庫の同じ床面のようになります。

さて、いよいよ下艦です。

乗艦したときとは違い、岸壁に人影は少ないです。

ひゅうが舷側
ひゅうが舷側2-20090411

ここから再び少しずつ距離を変えて撮影してみます。

まずは一番近くから
ひゅうが10-20090411

やはり大きなフネですね。

少し下がって
ひゅうが11-20090411

こっちのほうが空母的なフォルムですね。

ちょっと遠くから
ひゅうが12-20090411

だいぶ離れました
ひゅうが13-20090411

だいぶ日が傾いてきました。
いよいよ自衛隊の敷地を出ます。

自衛隊の看板
横須賀基地出口20090411

入るときは、ひゅうがの事しか頭に無かったのでスルーしていました。

最近だいぶ日が長くなりました。
やはり空母は少し高い所から見下ろすようなアングルで見たいものです。
なので、周囲の探索をしてみることにしました。
近くの高所から、ひゅうがが見える場所を見つけました。

高所から
ひゅうが遠景1-20090411

飛行甲板が少し見えていますが、もう少し高さが欲しいですね。

最高所
ひゅうが遠景2-20090411

いちおう、この時にたどり着いた一番高い場所から撮ってみましたが・・・
この場所ではこれが限界のようです。

だいぶ歩き回ったので一息入れることにします。
駅前の喫茶店に入ります。

Simple
SIMPLE20090411

暑いくらいの陽気でしたが、存分に楽しんできました。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/35-fe1e5d2e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。