Entries

2012.08.06 漢陽寺

漢陽寺は、山口県周南市にある禅宗の寺院です。
徳山駅から車で40分ほど内陸に入った鹿野という地にあります。

漢陽寺 1
漢陽寺1-20120806
http://photozou.jp/photo/show/278614/154798498

漢陽寺の門前より、奥に山門が見えます。
創建は1374年、開山は用堂明機禅師です。
用堂明機禅師は、中国の杭州へ留学した経験のある名僧だそうです。

漢陽寺は、守護大名大内氏の祈願寺でもあります。
本拠地を山口に移した大内弘世は、用堂明機禅師に帰依しました。
弘世が亡くなった後、子の盛見(もりはる)が用堂明機禅師を開山に迎え創建されました。

大内盛見は弘世の四男で、室町幕府将軍足利義満に反旗を翻した(応永の乱)大内義弘の弟に当たります。
義弘が敗北した後、弟である弘茂・道通らとの抗争を経て大内家の11代当主となります。

兄・義弘の敗北により一時衰退した大内氏の勢力は、盛見が実力で周辺の国人を従え当主となった事により盛り返します。
しかし、その盛見も最後は少弐満貞・大友持直らと戦って敗れ、大内家のその後は跡を継いだ甥の大内持世に委ねられます。

こうしてみると、大内盛見という人は、実に戦国武将らしい人物だったのでしょうね?

漢陽寺 2
漢陽寺2-20120806
http://photozou.jp/photo/show/278614/154798587

なかなか綺麗なお堂です。

漢陽寺の本尊は聖観音菩薩で、中国三十三観音霊場の第十五番札所となっています。
宿坊で頂ける精進料理が好評だそうです。

漢陽寺 3
漢陽寺3-20120806
http://photozou.jp/photo/show/278614/154798735

少し離れて正面から、緑が眩しいですね。
鹿苑山の額が掲げられています。

庫裏
漢陽寺4-20120806
http://photozou.jp/photo/show/278614/154798873

「曲水の庭」という名の庭園が有名ですが・・・・この日は拝観できませんでした。
お盆の関係で庭園の手入れができていないからだそうです。

お寺の周囲は、水音が絶え間なく聞こえ、水に恵まれた地かと思いました。
しかし、この地は鹿野台地という高台で昔から水を汲むのに苦労してきたのだそうです。

江戸時代に、岩崎想左衛門重友という人が私財を投げ打ち、漢陽寺の裏山にトンネルを掘り、錦川支流の渋川から水を引いたのです。
このトンネル「潮音洞」の工事はかなり難航したそうですが、完成により新しい田畑が開墾されるなど大いに潤ったそうです。

<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/405-3cb8f66e

トラックバック

[T25] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-11-04 20:25

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる