Entries

2012.12.31 祇王寺

祇王寺は二尊院のさらに先にあります。

途中のお店でお昼休憩を入れて暖を取ると、祇王寺へ向かいます。

もとは、法然上人の弟子・良鎮が創建した往生院という尼寺で大覚寺塔頭でした。
往生院は明治初期に廃寺となり、跡地は荒廃していました。

その後、府知事・北垣國道が嵯峨の別荘にあった茶室を寄進した事により再興されます。

表門
祇王寺・表門20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167853347

祇王寺には歴史的建築物はありませんが、庭園の緑や苔がとても美しいお寺です。
紅葉の頃はかなり賑わうようです。


祇王寺・塀20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167853412

こういった何気ない塀がとても絵になります。

祇王寺を初めて訪れたのは、やはり中学の修学旅行でした。
写真に目覚めつつあった僕には、綺麗な庭は印象に残りました。
その後、平清盛の寵愛を受けた白拍子・祇王や仏御前の話を知り、嵯峨野はお気に入りにのコースになりました。

本堂
祇王寺・本堂1-20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167853618

本堂です。
紅葉はありませんが、庭の苔はしっとりとして綺麗です。

本堂 その2
祇王寺・本堂2-20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167853791

少し角度を変えてもう1枚アップです。
どちらをアップしようか迷ったのですが・・・・えいやっで2枚アップです。


祇王寺・竹20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167853847

境内の竹です。
あんまし上手く撮れてないですが・・・(笑)

庭園
祇王寺・庭20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167854012

水と苔と緑、綺麗な庭です。

水琴窟
祇王寺・水琴窟20121231
http://photozou.jp/photo/show/278614/167854095

水琴窟(すいきんくつ)というのだそうです。
水滴が落ちる音を反響させ音を出すようになっています。

小さな本堂の中には、祇王、刀自(母)、祇女、仏御前と共に、平清盛の木像が安置されています。

すぐ隣にある滝口寺へ寄ってみます。


京都
旅行口コミ情報


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/420-0c17a587

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる