Entries

2014.02.01 東慶寺フォトギャラリー写真展

鎌倉の東慶寺さんのWebサイトにある「フォトギャラリー」のページには、一般の参拝者が撮影した写真を投稿する事ができます。

昨年の投稿作品の中から、鎌倉在住の写真家・十文字美信先生が選ばれた20点を展示する写真展が開催されています。

東慶寺ギャラリーより | 北鎌倉 松岡山 東慶寺 2月の展示のお知らせ 「東慶寺フォトギャラリー写真展」:
http://www.tokeiji.com/info/photoaward2014/

リンク先の「2013年の受賞作品より」の画像のうち、上段左から4つ目にある雪の日の梅の写真が、昨年の僕の作品です。

東慶寺ギャラリー
東慶寺フォトギャラリー20140201

昨年新しくできた東慶寺ギャラリーが今回の写真展の会場です。
東慶寺の門前、道路に面した場所にあります。

写真展案内
写真展案内20140201

この案内を見落として、うっかり境内に入ってしまいました。(笑)

到着したのが、13:00前くらいで、ちょうど十文字先生のギャラリートークが始まる直前でした。
刺激になるお話をいろいろ聞かせていただき、生意気にも質問をさせていただきました。

写真を撮っていくと、何となく撮り方が解ってきて、セオリーができる。
運と努力が伴えば、納得のいく写真が撮れる事もある。

次の傑作に向けて、セオリーを変えてみようとする。
しかし、納得のいく写真がなかなか撮れない。

同じようにばかりやっていては、次が無い。
変えてみようとすると、うまく撮れない。

でも、もっと大胆に違う撮り方、違うやりかたにトライすれば良い。
それはありえないと思える事でも、1度は試してみる。
上手くいかなかったら、そのやり方は止めればいいじゃないか。

そして、先生からは「好みにとらわれるな」とアドバイスを頂きました。
自分の好みに合わなくても、良い写真とされる作品はたくさんあるのです。

写真展 その1
写真展01-20140201

ギャラリートーク後の会場の様子です。

向かって右側の写真が僕のです。

写真展 その2
写真展02-20140201

十文字先生選の20点の作品は、どれもレベルが高いです。

作品 その1
作品01-20140201

こちらが選んで頂いた僕の作品「マンサク」です。

作品 その2
作品02-20140201

ちょっと反射が写ってしまいました。

作品 評
作品03-20140201

撮影時に意図していたところを、的確に見切っていただいて嬉しかったです。
ちなみに、屋根のボケ具合はレンズの焦点距離と撮影時の距離で狙いました。

十文字先生のギャラリートークはこの日だけでしたが、写真展は2/9までです。(3日はお休みとか)

北鎌倉 松岡山東慶寺:http://www.tokeiji.com/


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。




人気ブログランキングへ


ブログ王

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/522-c99b6c7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる