Entries

2009.06.19 江ノ島展望灯台

江ノ島には展望灯台があります。

江ノ島展望灯台
江の島展望灯台20090619

2003年に開業した高さ59.8メートルの観光用展望施設を持つ民間の灯台です。

もともとは隣接地に1951年(昭和26年)に当時の江ノ島鎌倉観光(現在の江ノ島電鉄)が建てた展望灯台がありますしたが、現在の展望灯台が完成した後に解体されました。
江ノ島の高台の上に建っているので展望はなかなか良いです。

江ノ島電鉄:江の島展望灯台 http://www.enoden.co.jp/light_house/index.htm

明治時代に、アイルランドの貿易商サムエル・コッキングという人が江ノ島の頂上付近に別荘を建て植物園を造りました。
戦後になって、江ノ島の観光開発に乗り出した藤沢市が、コッキングの別荘跡一帯を買収し、ここに熱帯植物園を開園します。
1950年代に入って、一時植物園の経営が江ノ島鎌倉観光に委託された時期がありました。
この時に植物園の名称が江の島植物園と改名され、併せて展望灯台が建てられました。

2002年に江ノ島植物園は改修のため閉園、灯台の建て替えや整備を行った後に、サムエル・コッキング苑としてオープンします。
現在のサムエル・コッキング苑は地元藤沢市の管理する公園で、展望灯台は江ノ島電鉄の管理となっています。

2002年からの整備工事の時に明治時代にサムエル・コッキングが造った植物園の温室設備の遺構が発見されました。
この温室は当時としては先進的な施設で、レンガ造りの基礎に地下式のボイラー室などがあったそうです。
関東大震災で倒壊し、さらに藤沢市の植物園整備で遺構も破壊されたと考えられていましたが、実際にはかなりの部分が地中に埋もれて残っていたそうです。

江の島サムエル・コッキング苑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%8B%91

余談ですが、僕は「えのしま」の地名は「江ノ島」と表記するものと思っていました。
実際、「江ノ島駅」、「江ノ島水族館」など、「江ノ島」の表記をごく普通に見かけます。
意外なことに、実は「江の島」が行政上の正式な表記なのだそうです。
よって、上記リンクは「江の島サムエル・コッキング苑」としましたが、当ブログの記事では基本的に慣れ親しんだ「江ノ島」を使っていこうと思います。

江ノ島展望灯台は、サムエル・コッキング苑の敷地内にあるので、まずサムエル・コッキング苑の入園料が必要で、さらに展望灯台も有料なので、合計で500円ほどの入場料が必要です。

展望灯台に上ると360度の眺望が楽しめます。

弁天橋方面
弁天橋方面20090619

弁天橋の右側の砂浜は海水浴場で、夏は大変混雑します。

ヨットハーバー方面
ヨットハーバー方面20090619

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの時に造られた競技用のヨットハーバーです。
この工事によって島の面積が1.5倍ほど広くなったそうです。
ヨットハーバーの向こうに見える岬は稲村ガ崎です。

境川方面
境川河口20090619

境川は江ノ島付近で海に注ぎ、河口付近では片瀬川とも呼ばれます。
河口付近にかかる橋の左側方向に小田急・江ノ島線の片瀬江ノ島駅があります。

江ノ島水族館方面
防波堤20090619

漁港でしょうか、まだ新しそうな防波堤があります。

奥津宮方面
奥津宮方面20090619

今度は反対に島の先端側です。
上のほうに向かって参道が続き、その先に江ノ島神社・奥津宮の屋根が見えます。

海側
海20090619

サンセットにはまだ早い時間ですが、静かな海面に太陽の光がキラキラと反射します。

平塚方面
平塚方面20090619

江ノ島水族館方向から、さらに左側に続く海岸線です。

海蝕台付近
海蝕台方面20090619

稚児が淵の先のほうになるのでしょうか、海蝕台の海岸が一望できます。

江ノ島大師付近
江ノ島大師付近20090619

江ノ島の参道途中にある江ノ島大師です。

ここからは、高倍率ズームレンスを使用して、よりクローズアップした画像です。

稲村ガ崎方面
稲村ガ崎方面20090619

三方を山に囲まれた要害の地・鎌倉の西のはずれが稲村ガ崎です。
鎌倉の地形が良く解る場所でした。
近代になって道路建設のため一部が掘削されてしまいました。
この道路はトンネルにするべきだったかもしれません。

小動岬方面
小動岬方面20090619

小動岬には小動神社という社があります。
また海に面して展望台もあって眺めは良いですね。
左側の港は小動漁港です。

西浜のビーチ
ビーチ20090619

夏になると非常に賑わう西浜海水浴場のビーチです。
海の家の建設も急ピッチで進んでいます。

境川河口
境川方面20090619

境川(片瀬川)の河口をクローズアップしてみました。
船が何艘も泊まっています。

海側
反射20090619

再び海側です。
陽が傾いたのか、すこし違った感じです。

龍口寺方面
龍口寺方面20090619

対岸にある龍口寺の五重塔です。
デジタルズーム最大での撮影です。

龍口寺:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E5%8F%A3%E5%AF%BA

再びエレベーターに乗って地上階へと下ります。
平日でもあり、夕方の江ノ島展望灯台は人影も少なくひっそりとした時を迎えます。

<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/75-29288cdf

トラックバック

コメント

[C89]

かすみさん

塔が好きですか?
比較的新しいですが、形の良い塔ですね。

[C88]

おおっ
五重塔~
木に囲まれた感じが魅力的です…☆(キラン

どれも画質最高ですね(∀)

[C85]

灯台の高さは59.8だけど、灯台は江ノ島の高いところにあるので、海面までは100メートルを越えます。
ちょっとおっかないくらい高いよ。(笑)

フフフ、ここは別れの江ノ島だから好きな人とは行っちゃいかんのです。(笑)

[C81]

展望灯台、59.8㍍もあるんだ~
結構高いねッッ!!
高すぎてどのくらいかが分かんないww((汗

やっぱり、高いと眺めが
めちゃくちゃキレイだね☆
画像で見てあれだけキレイだから
実際に見たら、どのぐらいかが気になるな♪
海の光の反射とか
好きな人とみたら幸せになれそww
まず、いないけど((爆
  • 2009-06-28 09:48
  • 美沙
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる