Entries

2009.06.20 箱根・阿弥陀寺

阿弥陀寺は、箱根登山線の塔ノ沢駅から山道をしばらく登った、塔ノ峰の中腹にあります。
幕末を生きた皇女和宮が箱根の塔ノ沢で亡くなった時、このお寺で密葬が行われ、位牌も祀られています。

もともと廃寺となっていた曹洞宗の寺院があった場所に、1604年弾誓上人(たんせいしょうにん)によって、浄土宗のお寺として再建されました。

塔ノ沢駅から、山の斜面を登っていきます。
阿弥陀寺にたどり着くためには、ハイキングコースのような山道を登らなければなりません。
やがて斜面に山門が見えてきます。

阿弥陀寺山門
阿弥陀寺山門20090620

門の後ろ側には斜めに木材で補強がされていますが、今にも朽ちそうな古い門です。
ここまでかなり歩いているので、ようやく到着かと思うのですが、実はまだまだ先は長いのです。

阿弥陀寺の参道
阿弥陀寺参道20090620

これまた、ほとんどハイキングコースのような参道を登ります。
道の途中には、ところどころで仏像さんを拝むことができます。

参道の仏像
阿弥陀寺仏像1-20090620

いわゆる六地蔵も祀られています。

六地蔵
阿弥陀寺6地蔵20090620

長い山道を登り切るとようやく本堂にたどり着きます。
浄土宗の寺院だからでしょうか、六地蔵は本堂の手前でも拝むことができます。
こちらは中央に仏様がおわします。

仏像
阿弥陀寺仏像2-20090620

本堂
阿弥陀寺本堂20090620

本堂は江戸時代の庄屋の住居を移築した建物だそうです。
阿弥陀寺は、あじさい寺として知られています。
現在のご住職が長年かけて手植えされ、手入れを続けておられるそうです。
お茶菓子(抹茶付き)を注文するとご住職が琵琶を弾いてくださるそうです。

境内はさほど広くはありませんが、紫陽花の咲きっぷりはちょうど良いくらいでした。
傍らに額紫陽花が咲いています。

額紫陽花
阿弥陀寺額紫陽花1-20090620

境内を散策します。

阿弥陀寺境内1-20090620

阿弥陀寺境内2-20090620

阿弥陀寺境内3-20090620

阿弥陀寺境内4-20090620

阿弥陀寺境内5-20090620

阿弥陀寺境内6-20090620

阿弥陀寺額紫陽花2-20090620

阿弥陀寺境内7-20090620

阿弥陀寺境内8-20090620

阿弥陀寺境内9-20090620

阿弥陀寺境内10-20090620

阿弥陀寺に来るためには、山道を歩いて登らなければならないので大変ではあります。
ただ、少なくとも紫陽花の季節の阿弥陀寺は一見の価値があると思います。
個人的にはたとえ紫陽花が咲いていない時期でも、静かで環境の良いお寺だろうと思います。

帰路に着こうとすると1体のお地蔵様が見送ってくれるかのようでした。

お地蔵様
阿弥陀寺仏像3-20090620

印象に残る良いお寺でした。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/86-34991f21

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる