Entries

2009.06.27 高幡不動

高幡不動は通称で、正式には高幡山明王院金剛寺という真言宗の寺院です。
東京都日野市に位置し、京王線と多摩都市モノレールの高幡不動駅の近くにあります。

平安時代の初めに清和天皇の勅願により、裏の高幡山に不動堂を建立したのが始まりとされます。
(もっと古く奈良時代の創建との古文書もあるそうです)

江戸時代には栄えていましたが、1800年代の後半に大火に遭い主要な伽藍を焼失しました。
その後、徐々に復興されてきましたが、現在の寺観を整えたのは昭和50年(1975年)以降だそうです。

関東三大不動のひとつとされています。

高幡不動駅の駅前から参道へと向かいます。

参道
高幡不動参道20090627

参道の両側には商店が並んでいて、さながら商店街のようです。
参道をまっすぐ進むと高幡不動の門前になり、仁王門があります。

仁王門
高幡不動仁王門1-20090627

仁王門から境内を望んでみます。
正面に見えるのが不動堂です。
仁王門の周辺に塀はありません。
仁王門に向かって左側の空間は開放的で境内には自由に入ることができます。

仁王門から
高幡不動境内1-20090627

境内は開放的で明るい印象です。
仁王門から左奥の方向に、昭和の時代に建てられた五重塔があります。

五重塔
高幡不動五重塔20090627

仁王門の横ではももを売っていますね。

仁王門横
高幡不動仁王門2-20090627

高幡のお不動さんと呼ばれ、庶民の信仰を得ていて、毎月28日には縁日は賑わっているそうです。

境内
高幡不動境内2-20090627

不動堂は高幡不動の由来にもなっているお堂ですね。
清和天皇の勅願によって慈覚大師円仁が裏の高幡山山中に建立した不動堂は1335年に嵐のため倒壊しました。
その後、現在の場所に移建し1342年に完成しました。
東京都下で現存する最古の木造建築物で、重要文化財に指定されています。

不動堂
高幡不動不動堂20090627

うーん、あまり古式に感じないのは後世に修理されているんでしょうかねぇ・・・

伽藍配置はこんな感じです。

不動堂と塔
高幡不動境内3-20090627

さて、本命の紫陽花です。
境内で頂いたマップによると、紫陽花が咲くのは境内の中心ではなく、裏の山のようです。
入り口に近いところには、弁天池がありますが、その周囲にも紫陽花が植えられていました。

弁天池の横
弁天池横の紫陽花20090627

五重塔の手前くらいから裏山の方へ上ります。
裏山にはもともと山あじさいがあったようです。
そこに遊歩道を作り紫陽花も植えたような感じでした。

四国八十八ヶ所霊場を写し山内八十八ヶ所というようです。
つまり、各所に石仏を祭り、ここが四国の第一番・竺和山霊山寺 に相当、ここが第十番・と得度山切幡寺に相当と決めておいて、裏山を巡ることで四国八十八ヶ所を仮想巡礼しよう・・・・という趣旨のようです。

四国八十八ヶ所:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E5%85%AB%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%AE%87%E6%89%80

紫陽花はなかなか見事でした。

紫陽花
裏山1-20090627

道に沿って紫陽花が咲き乱れます。

紫陽花 その2
裏山2-20090627

もちろん・・・・人も多かったですが。(笑)

紫陽花 その3
裏山3-20090627

額紫陽花も綺麗に咲いています。

額紫陽花
裏山4-20090627

山内八十八ヶ所の石仏さまの中で、お顔が印象に残った仏さま方です。
何番だったかは記憶していないです。(苦笑)
紫陽花と石仏さまというテーマでお送りいたします。(笑)

紫陽花の屋根の下におわす石仏さまです。

その1
裏山5-20090627

続いて、紫陽花を後背のようにした石仏さまです。

その2
裏山6-20090627

右手に三鈷をかざした石仏さまです。
1番印象に残りました。

その3
裏山7-20090627

表情豊かな石仏さま方です。

その4
裏山8-20090627

山内八十八ヶ所を全て巡ると時間がかかりそうなので、適当に切り上げます。
五重塔の横に出るルートから境内の中心に戻ります。
五重塔の正面から階段を下り、境内奥へと進みます。
左手にある大師堂のあたりにも紫陽花が咲いています。

大師堂前の紫陽花
高幡不動大師堂前20090627

さらに、少し奥の山門前の石段に沿って紫陽花が見られます。

山門前の紫陽花
高幡不動山門前20090627

高幡不動は、土方歳三の菩提寺でもあります。
新選組・鬼の副長として有名な土方歳三は日野の出身です。
意外なことに武家の出ではありません。
後に幕臣に取り立てられますが、土方家は多摩の豪農の家系でした。
境内には土方歳三の像があります。

土方歳三像
土方歳三20090627


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/tb.php/92-543065dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

かっちゃん

Author:かっちゃん
かっちゃんの雑記ブログへようこそ!

このブログの主のかっちゃんです。
神奈川県に住んでいます。
少なくとも若者ではありません。
男性です。

淡水のハゼを飼っています。
魚を飼うようになったのはホンの偶然でしたが、今では沖縄まで遠征するところまでエスカレートしています。

採集や飼育の記録に、かっちゃんのお魚ブログを立ち上げましたが、魚以外の情報発信もしてみたくなり、このブログ開設に至りました。
僕にとってブログとは簡易ホームページで、手軽に情報をアップできる道具のように思っています。

好奇心旺盛で行動力があり、いつもお腹を空かせてます。(笑)
思い立ったらすぐに動き出すフットワークの軽快さがウリです。
興味が湧けばいろいろとやってみます。

そういった諸々のネタを発信していければと思っています。
ネタは日々の日常だけでは無く、時に古いネタを引っ張り出してアップしたりもするかもしれません。

基本的にここは趣味の世界なので仕事の話はしません。
また議論、討論のような展開も望みません。

このブログは閲覧を制限していません。
CLOSEDな世界を望むならSNSもありますし、ここではOPENに情報発信をしていきたいと思います。
OPENであるが故の制約もあるでしょうが。
コメントやあしあとを残していただく際には、どんな人が見ているか解らない点を留意くださいませ。

なんだか長くなってしまいましたが・・・・マイペースで気ままに情報発信できればと思っています。

2008年12月18日

E-Mail:kacchan_1963@goo.jp

連携コンテンツ


kacchan_1963をフォローしましょう



過去ログ



過去画像



Instagram


かっちゃんのブログ


画像保管庫


Copyright (C) 2008-2016
http://kacchan1963.blog92.fc2.com/
All Rights Reserved.

ブログランキング

ポチッとな!でお願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる